Japolatino

Indice de Películas | Siguiente (Capítulo 2) →





風の 谷の ナウシカ
1



ユパ :

また 村が 一つ 死んだ….
mata mura ga hitotsu shinda

行こう…. ここも じき 腐海に 沈む.
ikou... koko mo jiki fukai ni shizumu

ほうかい
巨大産業文明が 崩壞してから 1000年

さび
と セラミック片に おおわれた 荒れた 大地に くさった 海…

しょうき はっ きん
腐海(ふかい)と 呼ばれる 有毒な 氣を 發する 菌類の 森が ひろがり

すいたい
衰退した 人間の 生存を おびやかしていた.

風の谷のナウシカ

[腐海]

 

ナウシカ :

あ…?

オ-ム みち
王 の 道!

あたら
まだ 新しい.

オ-ム ぬ がら
はあ…! 王 の 拔け殼…!!

かんぜん ぬ がら はじ
すごい… 完全な 拔け殼なんて 初めて…!

おと
うふ… いい 音. ムッ! う…ううっ….

とう か たに ひと よろこ
ふふふ… セラミック刀が 欠けちゃった. 谷の 人が 喜ぶわ.

どう ぐ さいりょう こま す
道具づくりの 材料に ず-っと 困れなくて 濟むもの.

め も と
すごい 目…! これ ひとつなら 持って 飛べるかな.

かる
あ, とれた! わあ--, なんて 輕いんだろう! ははは…

ご ご ほう し と
ムシゴヤシが 午後の 胞子を 飛ば

して いる.
shite iru

ご ふん はい くさ し もり
きれい… マスクを しなければ 五分で 肺が 腐って しまう 死の 森なのに.

だれ
うん? 誰?

むね
なにかしら…. 胸が ドキドキする.

むしふう じゅう だれ むし おそ
あ!! 封じの 銃だ!! 誰かが に 襲われてる!

あっ, ごめん!

ほう し けむり
あそこだ! すごい 胞子の 煙…!

オ-ム ぬ がら ぬし
王 !! きっと あの 拔け殼の 主だわ.

に き
あっちに 逃げては だめだ. 氣が ついて!

こた く
えた! こっちに 來る!! (メ-ヴェに 乘って 飛ぶ)



[野原]


ナウシカ :

あの 人は?!
ano hito wa

りっ ぱ オ-ム
なんて 立派な 王 !

かざかみ
風上へ!

ユパ :

すまん!!
オ-ム もり かえ さき まえ せ かい

 

ナウシカ :

王 , 森へ お歸り! この 先は お前の 世界じゃ ないのよ!


ねえ, いい子だから!

いか われ わす しず
怒りで 我を 忘れている. 靜めなきゃ!

ユパ :

せんこう オ-ム め まわ
閃光で 王 が 目を 回した!

むしぶえ
笛…!

ナウシカ :

オ-ム め さ もり かえ
王 , 目を 覺まして! 森へ 歸ろ.


氣が ついたわ!

 

ユパ :

おお…!

オ-ム もり かえ ひかりだま むしぶえ オ-ム しず
王 が 森へ 歸っていく… 光彈と 笛だけで 王 を 靜めて しまうとは…!

( 降りて 來る ナウシカ. ユパも 來る)

 

ナウシカ :

さま
ユパ樣----!

 

ユパ :

おお…!

 

ナウシカ :

あははは…!

 

ユパ :

み ま ちが
ははは… ナウシカ, 見間違えたぞ.

 

ナウシカ :

いちねん はん ちち よろこ
一年 半ぶりですもの. 父が 喜びます.

 

ユパ :

れい い かぜつか
禮を 言わねば ならん. よい 風使いに なったな.

 

ナウシカ :

ちち
いいえ, 父は まだまだだって. うん…?

 

ユパ :

わす
ああ, そうそう, こいつの ことを すっかり 忘れて おった.

 

ナウシカ :

わたし はじ
まあ, キツネリス! 私, 初めて.

 

ユパ :

は むし さら ひと こ ま ちが じゅう つか
こいつが 羽 に 攫われたのを 人の子と 間違えてな, つい 銃を 使って しまったのだ.

 

ナウシカ :

オ-ム おこ
それで あんなに 王 が 怒ったのね.

 

ユパ :

き ぜつ どく す
氣絶して おったので 毒を 吸わなかったようだ.

て だ ほう きょうぼう
いやあ, 手は 出さん 方が いい. チビでも 凶暴だ.

 

ナウシカ :

おいで. サッ.

ユパ :

お, おい.

 

ナウシカ :

こわ こわ
ほら, 怖くない. 怖くない.

こわ
うっ. ほらね, 怖くない. ね?

おび さま こ わたし くだ
怯えてただけなんだよね. ユパ樣, この 子 私に 下さいな.

 

ユパ :

かま
おお, 構わんが….

 

ナウシカ :

わたし おぼ
わあ, ありがとう. カイに クイ! 私 憶えてる?

 

ユパ :

ふ し ぎ ちから
不思議な 力だ….

 

ナウシカ :

つか はし
疲れたでしょう. いっぱい 走って. あは, ははは──…

 

ユパ :

みな か
皆に わりは ないかな. どうした.

 

ナウシカ :

ちち ちち と
父が , 父は もう 飛べません.

 

ユパ :

もり どく
ジルが…! 森の 毒が もう そんなに…!

 

ナウシカ :

ふ かい はとり い もの さだ
はい. 腐海の に 生きる 者の 定めとか….

 

ユパ :

はや おとず
もっと 早くに 訪れるべきであった.

 

ナウシカ :

ほんとう き くだ
いいえ, 本 に よく 來て 下さいました.

せんせい あと み わたし ひ みつ へや
先生, 後で ぜひ 見て いただきたい ものが あるんです. 私の 秘密の 房!

 

ユパ :

ホォ….

 

ナウシカ :

みんな ないしょ こわ わたし さき し い せんせい いそ
皆には 內緖! 怖がると いけないから. 私 先に 知らせに 行きます. 先生も 急いで----!

さま はこ くだ きりゅう みだ と
ユパ樣, これ 運んで 下さる--- 氣流が 亂れて うまく 飛べないの.

 

ユパ :

かぜ よ すこ
ははは, それにしても よく 風を 讀む. さあ, もう 少しだ.

[村の 入り口から 村へ]

 

ゴル :

さま
オオ, ユパ樣!

 

ムズ :

ようこそ.

 

ユパ :

みな そくさい
おお, 皆も 息災か.

 

ムズ :

みず かぜ とどこお おだ
ははは, 水も 風も 滯りなく 穩やがです.

 

子供 :

さま
ユパ樣---っ!

 

ユパ :

げん き
やあ, みんな 元氣だね.

 

男 :

さま
オ---, ユパ樣だ!

 

男 :

ま もう さま
お待ち 申しとりました ユパ樣.

 

人達 :

はははは──

 

ミト :

ひめさま つ
姬樣, お着きに なりましたぞ!

 

ナウシカ :

もう ちょっと.

 

ミト :

さま
ユパ樣!

 

ユパ :

せい で
ミトおじ, 精が 出るな.

 

ミト :

こ よい い こく はな き くだ
今宵は また 異國の 話しを 聞かして 下さい---!

 

ナウシカ :

まわ
いいわ, 回して.

 

ミト :

いいようですな.

 

ナウシカ :

うん.

 

ゴル :

ほんとう しな
おお, 本 に よい 品じゃ.

 

ムズ :

さっそく あ す ひと で く だ と い
早速 明日にでも 人手を 繰り出して 取りに 行かねばな.

 

ナウシカ :

さあ, トエト.

 

トエト :

ええ.

 

ナウシカ :

さま こ とし う こ
ユパ樣, 今年 生まれた トエトの 子です.

 

ユパ :

おお, どれどれ.

こ おさな ころ おも だ
うん… よい 子だ. 幼い 頃の ナウシカを 思い出す.

 

トエト :

こ な づ おや
どうか, この 子の 名付け親に なって 下さいませ.

 

婆 :

かぜ こ ふ
いつも いい 風が その 子に 吹きますように!

 

ユパ :

ひ う な おく
引き受けよう. よい 名を 贈らせて 貰うよ.

 

トエト :

ありがと ひめさま じょうぶ そだ
有難う…! どう か 姬樣のように, 丈夫に 育ちますように!

 

ミト :

じょうぶ ひめさま おりがみ ふ かい あそ に こま
ふうん, 丈夫というなら 姬樣は 折紙つきじゃ. だが 腐海遊びまで 似ると 困るぞ.

 

ナウシカ :

かげ オ-ム から み
でも, お陰で 王 の 殼を 見つけたのよ.

 

ミト :

しろ み しんぱい
しかしだ, 城おじの わしの 身に なって みろ. 心配で オチオチしておれんわい .

 

ゴル :

オ-ム から ひめさま ふ かい あそ む だ い
ははは, 王 の 殼と なりゃ, 姬樣の 腐海 遊びも 無 とは 言えんな.

 

ユパ :

たす
そうとも, わしも それで 助けられたのだからな.

 

皆 :

ははは-----!



[ジルの 部屋]

 

ジル :

お こ たす
ははは---, 負うた 子に 助けられたか.

ユパ :

たに き こころ なご
この 谷は いい…. いつ 來ても 心が 和む.

 

ジル :

こん ど たび
今度の 旅は どうじゃった.

 

ユパ :

みなみ ふた くに ふ かい の
ううむ…, ひどい ものだ. 南で また 二つの 國が 腐海に 飮まれて しまった.

ふ かい ちゃくじつ ひろ い いくさ う え ふ きつ かげ
腐海は 着實に 廣まって いる. なのに どこへ 行っても 戰に 飢餓, 不吉な 影ばかりだ.

たに く
なぜ この 谷のように 暮らせぬのか….

 

大ババ :

うみ ふ かぜさま まも ふ かい どく たに とど
ここは 海から 吹く 風樣に 守られて おるからの. 腐海の 毒も 谷へは 屆かん.

 

ジル :

たに こし す ざま みな よろこ
どうだ ユパ, そろそろ この 谷に 腰を 据えぬか. わしは この 樣だ. 皆も 喜ぶが.

 

ユパ :

ふむ……

 

大ババ :

む だ さが つづ さだ おとこ
ふふ, 無 じゃよ. ユパは 搜し續けるよう 定められた 男じゃ.

 

ユパ :

さだ
定めか….

 

ナウシカ :

おお さが さが
大ババ樣, 搜すって な--に?

 

大ババ :

し かべ はた
おや, ナウシカは 知らなかったのかい? ほれ, あの 壁の 旗に あるじゃろう.

み ひだり すみ かた
わしには もう 見えぬが 左の 隅に いる お方じゃ.

もの あお ころも こんじき の おうしな だい ち きずな むす
'その 者 靑き衣を まといて 金色の 野に 降りたつべし 失われし 大地との 絆を 結び……'

 

 

 

 

Indice de Películas | Siguiente (Capítulo 2) →

 

 

 

 

Creative Commons License
Esta obra está bajo una licencia de Creative Commons.
Copyright © 2007-2013 Helena Rivero
Si te apetece puedes avisarme cuando encuentres algún error en la página.