Japolatino

← Anterior (OVA2 「迷い猫」) | Lista de películas | Siguiente (OVA 4 「十字傷」) →








るろうに 剣心

OVA 3

宵里山
sato yoi yama
La montaña sato yoi*

 

 

宵里山
sato yoi yama
La montaña sato yoi*

 

 

お待たせしました
omataseshimashita

今日は いい天気だ
kyoo wa ii tenkida

薪がよく乾く
maki ga yoku kawaku

ごめんなさい
gomen'nasai

えっ?
e~tsu?

おろしにする大根がなくて…
oroshi ni suru daikon ga nakute…

別にかまわないが… 俺は
-betsu ni kamawanaiga… ore wa

でも… 何だか気が抜けたようで
demo… nandaka ki ga nuketa yoo de

畑を…するか
hata o… suru ka

えっ?
e~tsu?

大根はどうか分からないけど 何か作れると思う
daikon wa doo ka wakaranaikedo nani ka tsukureru to omou

子供の頃 よく家の手伝いをしてた それぐらいなら…
kodomo no koro yoku ie no tetsudai o shi teta sore gurainara…

そう…ですか
-soo…desu ka

えいっ
e i~tsu

よお! 精が出るな
yoo! seigaderuna

ふぅん
fu ~un

何です?
nanidesu?

いや どっから見ても本物の夫婦所帯だと思ってな
iya dokkara mite mo honmono no fuufu shotaida to omo~tsu tena

残ってる苗 植えてきます
noko~tsu teru nae uete kimasu

あれ? 何かまずい事言ったかな
are? nani ka mazui koto itta ka na

いえ それより
ie sore yori

ああ
aa

状況は良くない こないだの馬関戦争に続いて―
jookyoo wa yokunai konaida no bakansensoo ni tsudzuite ―

萩じゃ 俗論派の粛清が始まっている
hagi ja zokuron-ha no shukusei ga hajimatte iru

粛清…
shukusei…

藩の保守派どもが幕府に いい顔見せたいって言うんで―
-han no hoshuha-domo ga bakufu ni ii kao misetai tte iu n de ―

俗論派に次々に詰め腹切らせてんのさ
zokuron-ha ni tsugitsugini tsumebara kira se ten no sa

今 萩じゃあ 腹斬りのない日はないって有り様だ
ima hagi jaa hara kiri no nai hi wanai tte ariyooda

ひでぇもんさ
hi de ~emonsa

最も お陰で幕府の 長州征伐だけは回避できたから―
mottomo okage de bakufu no chooshuuseibatsu dake wa kaihi de kita kara ―

まっ どっちの派閥も 双方痛み分けって所だがな
ma~tsu dotchi no habatsu mo soohoo itamiwake tte tokorodaga na

だが このままじゃ すまんだろう
daga kono mama ja sumandarou

今 高杉さんを牢から出す算段が進んでいる
ima takasugi-san o roo kara dasu sandan ga susunde iru

そうなれば奇兵隊が動く 萩は近々 戦になるかも知れぬ
soo nareba ki heitai ga ugoku hagi wa chikadjika-sen ni naru kamo shirenu

桂さんは?
katsura-san wa?

あれ以来 どこへ行ったのかまったくの行方不明
are irai doko e itta no ka mattaku no yukue fumei

藩じゃ"逃げの小五郎"って 陰口を叩かれてる
-han ja "nige no kogoroo" tte kageguchi o tataka re teru

そんな…
son'na…

世の中 そんなもんさ
yononaka son'na mon-sa

まっ とにかく 俺達はまだ待つしかない
ma~tsu tonikaku oretachi wa mada matsu shika nai

これは当座の金 片貝さんからだ
koreha tooza no kin katagai-san karada

それと 荷物を置いていく
soreto nimotsu o oite iku

お前 薬を作って売り歩け
omae-yaku o tsuku~tsu te uri aruke

薬?
-yaku?

商売してれば世間はたいして疑わんからなぁ
shoobai shi tereba seken wa taishite utagawankara naa

この辺りに 人は住んでいませんよ
kono atari ni hito wa sunde imasen yo

大津に降りて行く途中に村がいくつかある
ootsu ni orite iku tochuu ni mura ga ikutsu ka aru

そこを通る時の用心だよ
soko o tooru toki no yoojinda yo

ここから京には一日で出られるが 今 絶対に近づくなよ
koko kara kyoo ni wa tsuitachi de de rareruga ima zettai ni chikadzuku na yo

あっちじゃ新撰組はおろか 見廻組までが競って志士を斬ってる
atchi ja shinsenkumi wa oroka mimawarigumi made ga kisotte shishi o ki~tsu teru

その数たるや お前 "人斬り抜刀斎"の比じゃねぇ
sono suutaruya omae "hitokiri battoo toki" no hi jane~e

近い内にまた 様子を見に来る
chikai uchi ni mata yoosu o mi ni kuru

じゃ! また巴さん
ja! mata tomoe-san

あんた今日から 薬屋の女房だ
anta kyoo kara kusuriya no nyoobooda

ここ何年も忘れてたな 十五夜なんて…
koko nan-nen mo wasuretetana juugoya nante…

夕方 秋茜を見ました
yuugata aki akane o mimashita

この先 どうなるんでしょう
konosaki doo naru ndeshou

いつまでここで 暮らしていられるのでしょう
itsu made koko de kurashite i rareru nodeshou

しばらくの間だと思う それ以上は…
shibarakunoaidada to omou soreijoo wa…

日が暮れるまでに 戻りたい まだか?
higakureru made ni modoritai mada ka?

はい 今
hai ima

夫婦者は怪しまれないって 本当だったな
fuufu-sha wa ayashima renai tte hontoodatta na

ええ それに思っていたより よく売れてしまって… 良かった
ee sore ni omotte ita yori yoku urete shimatte… yokatta

置いて来たんだな あの小刀
oite kita nda na ano kogatana

はい 置いてきました
hai oite kimashita

今は 薬屋の女房ですから
ima wa kusuriya no nyooboodesukara

冷えてきた 急ごう
hiete kita isogou

美味い
umai

そうですか
-soodesu ka

久しぶりだ こんな味…
hisashiburida kon'na aji…

そうですね
soodesune

どうした?
-dooshita?

いえ 何でも…
ie nani demo…

どうぞ
doozo

そうですか
-soodesu ka

まっ 気長に行こうや
ma~tsu kinaga ni yukoo ya

それとも 退屈な薬屋の生活に飽きが来たか?
soretomo taikutsuna kusuriya no seikatsu ni aki ga kita ka?

そんな事はありませんよ もともと好きで人を殺めてたわけじゃない
son'na koto wa arimasen yo motomoto sukide hito o ayame teta wake janai

それに ここでの生活は退屈どころか 色々と目の醒める事の連続ですし
soreni koko de no seikatsu wa taikutsudokoroka iroiro to me no sameru koto no renzokudesushi

そりゃ結構
sorya kekkoo

だが くれぐれも腕だけは鈍らせるなよな じゃあな
daga kureguremo ude dake wa namara seru na yo na jaa na

くれぐれも…な
kureguremo…na

ごめんなさい
gomen'nasai

あの人 少し苦手で… お見送りもしないで
ano hito sukoshi nigatede… o miokuri mo shinaide

そんな
son'na

せっかく…
sekkaku…

雨が続いたから…
ame ga tsudzuitakara…

大丈夫 半分は無事だろう よくある事だ
daijoobu hanbun wa bujidarou yoku aru kotoda

でも…
demo…

でも…
demo…

でも…
demo…

あなたは聞かないのですね
anata wa kikanai nodesu ne

えっ?
e~tsu?

私の身の上を 何も…
watashi no minoue o nani mo…

君の父上に すまないと思っている
kimi no chichiue ni sumanai to omotte iru

素性を隠す為とはいえ 夫婦として暮らしている事に変わりはないから
sujoo o kakusu tame to wa ie fuufu to shite kurashite iru koto ni kawari wanaikara

だから 君の過去を聞いた所で どうこう言えた義理じゃない
dakara kimi no kako o kiita tokoro de dookoo ie ta giri janai

―あなたは… ―ん?
― anata wa… ― n?

いいえ 何でもありません
iie nani demo arimasen

巴ちゃん これを せめてもの形見にと先方のご両親が…
tomoe-chan kore o semete mo no katami ni to senpoo no goryooshin ga…

わざわざ すみません
wazawaza sumimasen

御家人の次男程度じゃ 巴ちゃんを幸せにできないからって―
gokenin no jinan-teido ja tomoe-chan o shiawaseni dekinaikara tte ―

京に行ったんだって?
kyoo ni itta n datte?

その志は立派だけどねぇ
sono kokorozashi wa rippadakedo nee

だからって 見廻組なんかに入るから こんな事になっちまうんだよ
dakara tte mimawarigumi nanka ni hairukara kon'na koto ni na~tsu chimau nda yo

そんな事を言うもんじゃないよ
son'na koto o iu mon janai yo

少しは巴ちゃんの気持ちも考えてやっておくれ
sukoshi wa tomoe-chan no kimochi mo kangaete yatte okure

お姉ちゃん どうしちゃったんだよ
ojichan-dooshi chatta nda yo

返事してくれよ 姉ちゃん
henji shite kure yo neechan

どうしちゃったんだよ
-dooshi chatta nda yo

姉ちゃん…
neechan…

姉ちゃん…
neechan…

ああっ… はぁ…
aa~tsu… ha~a…

人を斬っていない時のあなたは―
hito o kitte inai toki no anata wa ―

優し過ぎるわ…
yasashi sugiru wa…

桂は逃がしちまったが 抜刀斎の方はまだ掌握している
katsura wa nigashi chimattaga battoo toki no kata wa mada shooaku shite iru

あと少しで 奴を殺れるぜ
atosukoshi de yatsu o yareru ze

やはり こいつが…
yahari koitsu ga…

この数ケ月で すっかり剣気は衰えてるし
kono suu-kagetsu de sukkari ken ki wa otoroe terushi

何より 目の色が変わっちまった
naniyori me no iro ga kawa~tsu chimatta

まったく大したもんだよ あんたらの"仕込み"は
mattaku taishita mon da yo anta-ra no "shikomi" wa

うっ!
u~tsu!

ぐっ!
gu~tsu!

ぐあっあっ…
gua~tsu a~tsu…

ちっ! 片貝…
chi~tsu! katakai…

そろそろ潮時のようだ 最後の仕上げと行かせてもらうぜ
sorosoro shiodoki no yooda saigo no shiage to ika sete morau ze

おい 縁
oi en

待たせたな
mata seta na

雨が止んだら お前の出番だ
ame ga yandara omae no debanda

雪代 縁
yuki dai en

姉ちゃん!
neechan!

縁?
en?

来たよ 姉ちゃん
kita yo neechan

弟です 縁と言います
otootodesu en to iimasu

弟…
otooto…

ええ 時々便りを出していたのですけど… 訪ねてきてくれて
ee tokidoki tayori o dashite ita nodesukedo… tazunete kite kurete

そうか 積もる話もあるだろう
soo ka tsumoruhanashi mo arudarou

畑を見て来るよ
hata o mite kuru yo

いきなりで驚いたわ 父上は お元気?
ikinari de odoroita wa chichiue wa o genki?

元気じゃないかな
genki janai ka na

江戸からは いつ出て来たの?
edo kara wa itsu dete kita no?

半年前… 姉ちゃんが出て行って すぐに
hantoshi zen… neechan ga dete itte sugu ni

縁 あなた今 どこのお家にお世話になってるの?
en anata ima doko no oie ni osewa ni na~tsu teru no?

それに どうして ここが分かったの?
soreni dooshite koko ga wakatta no?

分かるさ… 俺が連絡係なんだから
wakaru-sa… ore ga renraku-gakarina ndakara

いよいよだよ 決まったんだ!
iyoiyoda yo kimatta nda!

喜んで 姉ちゃん
yorokonde neechan

やっとあいつに 抜刀斎に天誅を下せる時が来たんだ
yatto aitsu ni battoo toki ni tenchuu o kudaseru toki ga kita nda

それが姉ちゃんの望みだろ? だから 一人で出てっちゃったんだろ
sore ga neechan no nozomidaro? dakara hitori de dete ~tsu chatta ndaro

こんな寂しい所で あんな奴と一緒に…
kon'na sabishii tokoro de an'na yatsu to issho ni…

んっ!
n ~tsu!

今すぐに江戸に帰りなさい あなた一人で
ima sugu ni edo ni kaeri nasai anata ichi-ri de

何言ってんだよ 姉ちゃん
nani i~tsu te nda yo neechan

あなたは雪代家の長男でしょう こんな事に手を染めては駄目よ
anata wa yukiyo-ka no choonandeshou kon'na koto ni te o somete wa dame yo

家なんてどうでもいいよ! 俺は姉ちゃんの力になりたいんだ
-ka nante doo demo ii yo! ore wa neechan no chikara ni naritai nda

だから!
dakara!

帰りなさい 縁
kaeri nasai en

分かったわね
wakatta wa ne

どうしちゃったんだよ!
-dooshi chatta nda yo!

何で あんな奴をかばうんだよ!
nande an'na yakko o kabau nda yo!

あいつは姉ちゃんの敵だろ!
aitsu wa neechan no tekidaro!

姉ちゃんから幸せを奪った 憎き仇のはずだろっ!
neechan kara shiawase o ubatta nikuki ada no hazudaro ~tsu!

それを父上に渡して 私の代わりだと思ってくれって
sore o chichiue ni watashite watashi no kawarida to omotte kure tte

えっ?
e~tsu?

お願いよ いいわね
onegai yo ii wa ne

姉ちゃん…
neechan…

いいわね
ii wa ne

連絡場所 確かに伝えたからね
renraku basho tashika ni tsutaetakara ne

あいつさえ あいつさえ居なくなれば…
aitsu sae aitsu sae inaku nareba…

冬までに間に合った
fuyu made ni maniatta

ええ
ee

急な思いつきで 採れるかどうか自信なかったけれど―
kyuuna omoitsuki de toreru ka doo ka jishin nakattakeredo ―

結構 育つものだな
kekkoo sodatsu monoda na

んっ?
n ~tsu?

いえ… あんまり美味しそうに食べるものだから
ie… anmari oishi-soo ni taberu monodakara

そうか
soo ka

本当だったら あなたは毎日 こうして暮らしていたんですね
hontoodattara anata wa mainichi kooshite kurashite ita ndesu ne

畑をして 採れた物を食べて…
hata o shite toreta mono o tabete…

ここに来てから 思っている
koko ni kite kara omotte iru

御剣流の理にならって
mitsurugi-ryuu no ri ni naratte

力弱き人々の為に 一人でも 多くの人々の幸せを守る為に―
-ryoku yowaki hitobito no tame ni ichi-ri demo ooku no hitobito no shiawase o mamoru tame ni ―

"新時代"をと 剣を振るってきたけれど
"shin jidai" o to ken o furu tte kitakeredo

それがいかに 思い上がりだったかという事を
sore ga ikani omoiagaridatta ka to iu koto o

この程度の暮らしを守る事が 俺にできる精一杯だったんだと
kono teido no kurashi o mamoru koto ga ore ni dekiru seiippaidatta nda to

俺個人は 今まで幸せというものがどんなものなのか―
ore kojin wa ima made shiawase to iu mono ga don'na monona no ka ―

分かっていなかった気がする それが今になって やっと…
wakatte inakatta ki ga suru sore ga ima ni natte yatto…

君とのこの里山での生活の中で はっきりと自覚できた
-kun to no kono satoyama de no seikatsu no naka de hakkiri to jikaku de kita

今まで 自分が何の為に闘い これからも闘っていくのか
imamade jibun ga nani no tame ni tatakai korekara mo tatakatte iku no ka

その答えを 君が教えてくれたんだ
sono kotae o kimi ga oshiete kureta nda

私も少し お話していいですか?
watashi mo sukoshi ohanashi shite iidesu ka?

んっ? ああ…
n ~tsu? aa…

私の実家は江戸にあります 
watashi no jikka wa edo ni arimasu

父は御家人 文武共に からきしですが優しい人です
chichi wa gokenin bunbu tomoni karakishidesuga yasashii hitodesu

母は病弱で 縁を産んで 間もなく亡くなりました
haha wa byoojakude en o unde mamonaku nakunarimashita

だから 縁にとって 私は姉であり―
dakara en ni totte watashi wa anedeari ―

また 母でもあるんです 可愛い弟です
mata haha demo aru ndesu kawaii otootodesu

裕福ではありませんが 平和に日々を暮らして参りました
yuufukude wa arimasenga heiwa ni hibi o kurashite mairimashita

私 決まっていたんです 嫁ぎ先が…
watashi kimatte ita ndesu totsugi-saki ga…

相手は同じ御家人の家の次男で 幼なじみでした
aite wa onaji gokenin no ie no jinan de osananajimideshita

そのお話が決まった時 弟が駄々をこねて困りましたけど
sono ohanashi ga kimatta toki otooto ga dada o konete komarimashitakedo

それを除けば祝言まで 何一つ滞りなく 進むはずでした
sore o nozokeba shuugen made nanihitotsu todokoorinaku susumu hazudeshita

でも 彼は祝言を前に 動乱の京で―
demo kare wa shuugen o mae ni dooran no kyoo de ―

還らぬ人となりました
kaeranu hito to narimashita

報せを聞いて 居ても立ってもいられず 私もこちらに参りました
shirase o kiite itemotattemo i rarezu watashi mo kochira ni mairimashita

そして… あなたと出会いました
soshite… anata to deaimashita

そういう女です…
sooiu on'nadesu…

ごめんなさい
gomen'nasai

ごめんなさい 私は あなたを…
gomen'nasai watashi wa anata o…

縁 明日になれば 姉ちゃんと江戸に帰れるぜ
en ashitaninareba neechan to edo ni kaereru ze

あいつさえ 抜刀斎さえ居なくなれば―
aitsu sae battoo toki sae inaku nareba ―

姉ちゃんは帰って来る そういう事だよね
neechan wa kaette kuru soo iu kotoda yo ne

ああ そうだ そして全てが終わる
aa sooda soshite subete ga owaru

晴れて お役ご免ってわけだ お前も俺もな…
harete o-yaku gomen tte wakeda omae mo ore mona…

悪いな 身体を張った大博打 負けるわけには いかねぇのよ
warui na karada o hatta oo bakuchi makeru wake ni wa ikane~e no yo

もう少しだ
moosukoshida

ええ
ee

今年はこれで終わりだ 次に売りに行くのは 雪が溶けてからだな
kotoshi wa kore de owarida-ji ni uri ni iku no wa yuki ga tokete karada na

この生活が来年まで 続けられればの話だが…
kono seikatsu ga rainen made tsudzuke rarereba no hanashidaga…

はぁはぁ…
ha~a ha~a…

急がないと 風邪をひく
isoganai to kazewohiku

俺は…君を…
ore wa… kimi o…

君を…守る
kimi o… mamoru

はっ!
ha~tsu!

君を…守る
kimi o… mamoru

私の預かり知らぬ所で 彼は死ぬ 私の幸せも消え去りました
watashi no azukari shiranu tokoro de kare wa shinu watashi no shiawase mo kiesarimashita

目の前にあった幸せを つなぎ止める事ができませんでした
-me no mae ni atta shiawase o tsunagitomeru koto ga dekimasendeshita

でも それは自分のせい… 想いを伝えられなかった自分のせい
demo sore wa jibun no sei… omoi o tsutae rarenaka~tsu ta jibun no sei

あの時 私に勇気があれば そう思えば思うほど 何かを…
a no toki watashi ni yuuki ga areba soo omoeba omou hodo nanika o…

誰かを憎まないと 気が狂ってしまいそうで
dareka o nikumanaito ki ga kurutte shimai-soode

あなたを殺す策略に 身を委ねました
anata o korosu sakuryaku ni mi o yudanemashita

そんな女を…あなたは あなたは 守ると…
son'na on'na o … anata wa anata wa mamoru to…

あの人は 同じ御家人の次男で幼なじみ
ano hito wa onaji gokenin no jinan de osananajimi

父と似て 文武はからきし 
chichi to nite bunbu wa karakishi

けど 誰にも優しく 何より努力の人でした
kedo darenimo yasashiku naniyori doryoku no hitodeshita

そんな所が ずっとずっと 好きだったから…
son'na tokoro ga zuttozutto sukidatta kara…

彼が私を選らんでくれた時は 本当に嬉しかった けど…
kare ga watashi o yorande kureta toki wa hontooni ureshikattakedo…

その時 私は嬉しいのに―
sonotoki watashi wa ureshii no ni ―

只々 眼を丸くする事しかできませんでした
tada 々 me o maruku suru koto shika dekimasendeshita

だからかも知れません
dakara kamo shiremasen

私がどれだけ幸せだったか 彼に伝わらなかったのは…
watashi ga dore dake shiawasedatta ka kare ni tsutawaranakatta no wa…

私には 幸せになる資格なぞ なかったのかも知れません
watashiniha shiawase ni naru shikaku nazo nakatta no kamo shiremasen

"あなたは血の雨を降らせるのですね"
"anata wa chi no ame o furaseru nodesu ne"

初めて会った時 君はそう言った
hajimete atta toki kimi wa soo itta

ええ
ee

"人を斬る事で得られる幸せがあるとは思えない"とも言ったね
" hito o kiru koto de e rareru shiawase ga aru to wa omoenai" tomo itta ne

ええ
ee

その通りだと思う でも―
sonotoorida to omou demo ―

この先も 俺は 人を斬るだろう
konosaki mo ore wa hito o kirudarou

新しい時代が来る その刻まで…
atarashii jidai ga kuru sono koku made…

けど その刻が来たら―
kedo sono koku ga kitara ―

俺は人を斬る事なく 人を守れる道を探そうと思う
ore wa hito o kiru koto naku hito o mamoreru michi o sagasou to omou

この目に映る人々の幸せを一つ一つ大切に守りながら―
kono meniutsuru hitobito no shiawase o hitotsuhitotsu taisetsu ni mamorinagara ―

罪に背負い 償う道を…
-zai ni shoi tsugunau michi o…

君がいれば 俺は刀を捨てられる
-kun ga ireba ore wa katana o sute rareru

巴…
tomoe…

はい
wa i

君の幸せは 俺が…守る
kimi no shiawase wa ore ga… mamoru

はい
wa i

この人は私の幸せを奪った人
kono hito wa watashi no shiawase o ubatta hito

そして…もう一つの幸せおくれた人
soshite… moohitotsu no shiawase okureta hito

さよなら…私を愛してくれた二人目のあなた
sayonara… watashi o aishite kureta futari-me no anata

巴?
tomoe?

巴!
tomoe!

飯塚さん!
iidzuka-san!

内通者が割れたぜ
naitsuu-sha ga wareta ze

巴だ!
tomoeda!

えっ?
e~tsu?

向こうの山のお堂に仲間がいる 多分 巴はそこに…
mukoonoyama no o-doo ni nakama ga iru tabun tomoe wa soko ni…

始末しろ
shimatsu shiro

そんな…
son'na…

証拠がある 日記だ
shooko ga aru nikkida

日記?
nikki?

お前の頬に 傷をつけた例の男
omae no hoho ni kizu o tsuketa rei no otoko

巴はあの男の―
tomoe wa ano otoko no ―

女房になるはずだった女だ
nyooboo ni naru hazudatta on'nada

彼は祝言を前に動乱の京で 還らぬ人となりました…
kare wa shuugen o mae ni dooran no kyoo de kaeranu hito to narimashita…

 

 

 

***

 

 

 

← Anterior (OVA2 「迷い猫」) | Lista de películas | Siguiente (OVA 4 「十字傷」) →

 

 

 

 

Creative Commons License
Esta obra está bajo una licencia de Creative Commons.
Copyright © 2007-2013 Helena Rivero
Si te apetece puedes avisarme cuando encuentres algún error en la página.