Japolatino

← Anterior (OVA1 parte 2)| Lista de películas | Siguiente (OVA 3 「宵里山」) →








るろうに 剣心

OVA 2

迷い猫
mayoi neko
EL gato perdido*

 

 

迷い猫
mayoi neko
EL gato perdido*

 

 

見られた… どうする?
mirareta… doo suru?

口を…封じるのか
kuchi o… fuujiru no ka

血を…止めないと
chi o… tomenai to

この匂い…
kono nioi…

花いりまへんか お花どうどす
hana iri mahen ka ohana doodosu

花いりまへんか お花どうどす
hana iri mahen ka ohana doodosu

おや 緋村はんどすか お帰りやす
oya hi-mura-handosu ka o kaeriyasu

女将さん 部屋を頼みます
okami-san heya o tanomimasu

長州藩は忙しおすなぁ 人斬りの後は女子しですか
chooshuu-han wa isogashi osu naa hitokiri no nochi wa joshi shidesu ka

早く部屋を
hayaku heya o

今 一杯どす 空いとる部屋なんかてんとあらしまへんね
ima ippaidosu sui toru heya nanka ten to ara shimahen ne

家や 出会い茶屋とちゃいますんや
-ka ya deai chaya to chaimasu n ya

緋村はんのお部屋をどうぞ
hi mura-han no o heya o doozo

今 お湯と替えの服を用意しますよって
ima oyu to kae no fuku o yooi shimasu yotte

ん?
n?

終わりましたか? 助かりました
owarimashita ka? tasukarimashita

いいえ それより これ どないします?
iie sore yori koredo naishimasu?

はっ!
ha~tsu!

おい もういいのか?
oi moo ii no ka?

すみません 酔ってました
sumimasen yottemashita

ん?
n?

何だか お世話になったようで… 酔っていたんです
nandaka osewa ni natta yoo de… yotte ita ndesu

名は?
-mei wa?

巴と申します 雪代 巴
tomoe tomooshimasu yukiyo tomomi

酔っていた?
yotte ita?

はい
wa i

おっ あんた新顔じゃの
o~tsu anta shingao ja no

巴と申します
tomoe tomooshimasu

おう 見ろ このべっぴんを
o u miro kono beppin o

以後 お見知りおきを
-igo o mishiri-oki o

よぉ! あの女 緋村君が 連れ込んだそうじゃないか
yo ~o! ano jo hi-mura kimi ga tsurekonda-soo janai ka

どこで拾った? 上玉じゃないか ありゃ 訳ありだな
doko de hirotta? joodama janai kaarya wakearida na

で どうだった? 味は…
de doodatta? aji wa…

え?
e?

女将に聞いたぜ
okami ni kiita ze

泊めたんだろ お前さんの部屋に
tometa ndaro omae-san no heya ni

んっ!
n ~tsu!

脅かすなよ 種飲み込んじまったぁ
odokasu na yo tane nomikon jimatta ~a

無粋な奴だな
busuina yatsuda na

だから…
dakara…

何です?
nanidesu?

夕べ見た事 一切忘れて ここを立ち去ってもらいたい
yuube mita koto issai wasurete koko o tachisatte moraitai

ここに居ては迷惑ですか?
koko ni ite wa meiwakudesu ka?

家の者が心配するだろう
-ka no mono ga shinpai surudarou

迷い猫…
mayoi neko…

ん?
n?

帰れる家があれば 夜更けに一人でお酒なんか…
kaereru ie ga areba yofuke ni hitori de o sake nanka…

血 もう止まりましたか?
chi moo tomarimashita ka?

良かったですね
yokattadesu ne

あなたのでしょう
anata nodeshou

ええ
ee

京の町は物騒だ こんな物は役に立たない
kyoo no machi wa bussooda kon'na mono wa yakunitatanai

早く帰る所を探す事だ こんな物の必要のない所を
hayaku kaeru tokoro o sagasu kotoda kon'na mono no hitsuyoo no nai tokoro o

"人斬り"の居ない所を…
"hitokiri" no inai tokoro o…

ん?
n?

ですね…
desu ne…

迷い猫?
mayoi neko?

ええ 雇うんですか? あの人を
ee yatou ndesu ka? ano hito o

何 言うてはんの
nani yuute han no

あの子を連れて来たんは緋村はん違いますか
ano ko o tsurete kita n wa hi-mura han chigaimasu ka

夕べは… ただの行きがかりで
yuube wa… tada no ikigakari de

長州藩には ごひいきにさしてもろて
chooshuu-han ni wa go hiiki ni sashite morote

この小萩屋は ほん有難い事で
kono kohagi-ya wa hon arigatai koto de

けえど お陰で猫の手も借りたいくらい忙しゅうて
ke edo okage de nekonotemokaritai kurai sewashuute

あんさんらようけお上がりやすさかいなぁ
ansan-ra-yoo ke o agariyasusakai naa

見たところ よう働くし そんなこんなで まぁ…
mita tokoro yoo hatarakushi son'na kon'nade ma~a…

今日び 人に聞かれたない過去の一つや二つ 誰かておますやろ
kyoo bi hito ni kikareta nai kako no hitotsu ya futatsu darekate omasuyaro

よぉ! ここか
yo ~o! koko ka

何です
nanidesu

桂さんと片貝さんが来てる
katsura-san to katagai-san ga ki teru

これで少し 目元が柔らこうなるやろか
kore de sukoshi memoto ga yawara koo naruyaro ka

今のは…
imanoha…

あれが噂の?
are ga uwasa no?

そうなんですよ
-soona ndesu yo

飯塚さん!
iidzuka-san!

白梅香の香りがしたな
hakubaikoo no kaori ga shita na

桂さん!
katsura-san!

別に悪いとは言っとらん
betsuni warui to wa i~tsu toran

飯塚 念の為 素性だけは調べておけ
iidzuka nen no tame sujoo dake wa shirabete oke

はい
wa i

緋村
hi-mura

何か
nanika

別にあの女の事で 来たわけではないのだ
betsuni ano on'na no koto de kita wakede wa nai noda

夕べ 人を斬ったな
yuube hito o kitta na

ええ 手筈通り…
ee tehazu toori…

その帰りに 闇討ちにあったな
sono kaeri ni yamiuchi ni atta na

ん?
n?

始末するのに往生したよ
shimatsu suru no ni oojoo shita yo

悪く思うな 外にいる間は目が離せん
waruku omou na soto ni iru ma wa me ga hanasen

何者だったんだ? 勘でいい
nanimonodatta nda? kande ii

おそらく 幕府側の刺客
osoraku bakufu-gawa no shikaku

新撰組か
shinsenkumi ka

いえ 初めて見る邪剣でした どちらかと言えば…
ie hajimete miru yokoshima kendeshita dochirakatoieba…

庭番衆の類い
niwa banshuu no tagui

ええ
ee

緋村の存在は ごく内々の者しか知らん それを待ち伏せするとは
hi-mura no sonzai wa goku uchiuchi no mono shika shiran sore o machibuse suru to wa

藩内に…裏切り者が!
-han-nai ni… uragirimono ga!

そういう事になるな
sooiu koto ni naru na

事が大きい 調べはこちらでやる
koto ga ookii shirabe wa kochira de yaru

お前達は当面 新撰組に気をつけろ いいな
omaetachi wa toomen shinsenkumi ni kiwotsukero ii na

はい
wa i

―緋村 ―はい
― hi-mura ― wa i

そろそろ春も終いだな
sorosoro haru mo shimaida na

はぁ?
ha~a?

石榴の花が咲いている
zakuronohana ga saite iru

それで…
sorede…

言葉や習慣から 京女ではない事は一目瞭然
kotoba ya shuukan kara kyooon'nade wanai koto wa ichimokuryoozen

それに少しは躾をされてるのは間違いないでしょう
soreni sukoshi wa shitsuke o sa re teru no wa machigainaideshou

筆づかいも達者なもんです
fude dzuka i mo tasshana mondesu

おそらくは 関東の武家の出…と 踏んだんですがね
osorakuha kantoo no buke no shutsu… to funda ndesuga ne

ところが どうやっても素性が割れんのです
tokoroga doo yatte mo sujoo ga waren nodesu

武鑑にも雪代姓の武家に該当する家はなく―
bukan ni mo yuki dai sei no buke ni gaitoo suru ie wa naku ―

白梅香の線で色街も 洗わせましたが 皆目…
hakubaikoo no sen de iromachi mo arawa semashitaga kaimoku…

素性を敢えて消したか 密偵?
sujoo o aete keshita ka mittei?

いえ 外部に連絡を取った節はありません その線は薄いでしょう
ie gaibu ni renraku o totta setsu wa arimasen sono-sen wa usuideshou

大方 元は貧乏御家人辺りの娘が女郎に身を落ちとし―
ookata-moto wa binboo gokenin atari no musume ga joroo ni mi o ochi to shi ―

こっちに流れてきたんじゃないですかね
kotchi ni nagarete kita n janaidesu ka ne

ふっ よくある事です
fu~tsu yokuarukoto desu

そうか…信じていいな その話
soo ka… shinjite ii na sono-wa

間違いないと思いますよ
machigainai to omoimasu yo

ご苦労だった
gokuroodatta

気をつけろよ 小五郎 国元じゃあ 長老どもが騒ぎ始めてる
ki o tsukero yo kogoroo kunimoto jaa chooroo-domo ga sawagi hajime teru

幕府が本当に探りを入れてきたのかどうか どうもよく分からんからだ
bakufu ga hontooni saguri o irete kita no ka doo ka doomo yoku wakarankarada

ただ このままじゃあ すまねぇ気配はある
tada kono mama jaa sumane~e kehai wa aru

俺の勘だ 宮部さん達の件もあるからな
ore no kanda miyabe-san-tachi no kudan moarukarana

今は こらえ時だぜ
ima wa korae-jida ze

良くないお文?
yokunai o bun?

もう何年も いい文など読んだ事がない
moo nan-nen mo ii bun nado yonda koto ga nai

いややわ ほな あてが おうちに書いたんは?
iya yawa hona ate ga o uchi ni kaita n wa?

あれは別だよ
are wa betsuda yo

うふっ
ufu~tsu

高杉さん お身体は?
takasugi-san o karada wa?

良くないらしい…女もうつるからと 遠ざけているそうだ
yokunairashii… on'na mo utsurukara to toozakete iru sooda

うのさん 言わはりましたなぁ お気の毒に
uno-san iwa harimashita naa o kinodoku ni

うのは承知しているよ
uno wa shoochi shite iru yo

ほんまに?
honma ni?

晋作は…例えるなら抜き身の刀 誰も奴の生き方を阻めはしない
shinsaku wa… tatoerunara nuki mi no katana dare mo yatsu no ikikata o habame wa shinai

ほんまに
honma ni

高杉さんが"抜き身"なら うのさんは"鞘"どすな
takasugi-san ga "nuki mi"nara uno-san wa "saya" dosuna

鞘か… そうだな
saya ka…-sooda na

骨まで断ち割られていますね
-kotsu made tachiwara rete imasu ne

示現流でしょうか?
shigenryuudeshou ka?

いや 違うな
iya chigau na

京都守護職預かり 新撰組である
kyooto shugoshoku azukari shinsenkumidearu

だぁっ!
da ~a~tsu!

おそらく賊は須藤君の一の太刀を流し…
osoraku zoku wa sudoo-kun no ichinotachi o nagashi…

ああっ!
aa~tsu!

無事か? おいっ!
buji ka? oi ~tsu!

確かに示現流の打ち込みをまともに 受ければ 刀を折られる事もあろうが…
tashika ni shigenryuu no uchikomi o matomo ni ukereba katana o ora reru koto moarouga…

技の桁が違う
-waza no ketagachigau

格段にな
kakudan nina

情報が不正確だったので 彼らを出したが 私が出るべきだった
joohoo ga fuseikakudattanode karera o dashitaga watashi ga derubekida~tsu ta

何者でしょう
nanimonodeshou

凄き者だ
sugoki monoda

おそらくな
osorakuna

ちいっ! また待ち伏せカ しかも 今度は新撰組だ
chii ~tsu! mata machibuse ka shikamo kondo wa shinsenkumida

俺は ひとまず桂さんの所へ走る
ore wa hitomazu katsura-san no tokoro e hashiru

やはり裏切り者がいるのは間違いない
yahari uragirimono ga iru no wa machigainai

手より先に血を拭いて下さい
-te yori saki ni chi o fuite kudasai

まだ起きていたのか
mada okite ita no ka

部屋が別でも 駄目のようです
heya ga betsu demo dame no yoodesu

あなたが出かけると 寝つけなくて…
anata ga dekakeru to netsukenakute…

俺にかまうな
ore ni kamau na

何だか 血の雨の降る夢を見そうな気がして
nandaka chi no ame no furu yume o mi-soona ki ga shite

それで…
sorede…

お休みなさい
oyasuminasai

で…桂さんは何と?
de… katsura-san wa nanto?

"追って指示するまで軽挙妄動は これを厳に慎むべし"それだけだ
"otte shiji suru made keikyomoodoo wa kore o gen'ni tsutsushimubeshi" sore dakeda

どういうことだ
doo iu kotoda

まだ動くなと言うのか
mada ugoku na to iu no ka

何故だ!
nazeda!

他藩では多くの志士が 新撰組に殺られとる
ta hande wa ooku no shishi ga shinsenkumi ni yara re toru

ちょうどいい機会じゃないか いっそ壬生を襲って 奴らを血祭りに!
choodo ii kikai janai ka isso mibu o osotte yatsura o chimatsuri ni!

そうだっ そうだ!
-sooda~tsu sooda!

断じて討つべし!
danjite utsubeshi!

待て!
mate!

藩内に裏切り者がいるのは もはや疑いの余地がない
-han-nai ni uragirimono ga iru no wa mohaya utagai no yochiganai

迂闊な事してみろ 壬生狼の思う壺だ
ukatsuna koto shite miro mibu roo no omoutsuboda

今は待つしかあるまい
ima wa matsu shika aru mai

また降り出したん?
mata furidashi tan?

はい
wa i

よぅ降るなぁ
yo~u furu naa

ご苦労さん
gokuroosan

花屋さんが"最後の一束です"って
hanaya-san ga "saigo no hitotabadesu" tte

梅雨時は うっとうしいさかい せめて菖蒲でも生けんとな
tsuyu-ji wa uttooshiisakai semete ayame demo iken to na

私 何を
watashi nani o

そこのお芋さんの皮 頼むわ
soko no oimosan no kawa tanomu wa

これですね
kore desu ne

あんたに よう似とるなぁ
anta ni yoo ni toru naa

えっ?
e~tsu?

菖蒲や 雨の中で一番匂いたつ おひいさんの下ではなく…な
ayame ya ame no naka de ichiban nioi tatsu o hii-san no motode wa naku…na

子供…
kodomo…

子供だって 人は殺せる
kodomo datte hito wa koroseru

でも…
demo…

はっ
ha~tsu

はっ!
ha~tsu!

すまない
sumanai

少し冷えるので 窓際ですし…
sukoshi hieru node madogiwadesushi…

すまない
sumanai

これ 全部読んだのですか?
kore zenbu yonda nodesu ka?

いや 一冊も
iya itsusatsu mo

えっ?
e~tsu?

寝る時に ちょうどいいから積んである
neru toki ni choodo iikara tsundearu

"人斬り"に学問は要らん
"hitokiri" ni gakumon wa yoo ran

このままずっと 人を殺め続けるつもりですか?
konomama zutto hito o ayame tsudzukeru tsumoridesu ka?

安全な場所が見つからないのは あなたの方ではないのですか?
anzen'na basho ga mitsukaranai no wa anata no katade wa nai nodesu ka?

刀を抱かなければ 眠れないなんて
-gatana o dakanakereba nemurenai nante

小さな時から ずっとそうしてきた
chiisana toki kara zutto soo shite kita

目の前で人が 斬られるのも見た
menomaede hito ga kira reru no mo mita

そして この先もずっと…
soshite konosaki mo zutto…

こんな役目だ そう長くはないと思う
kon'na yakumeda soo nagaku wa nai to omou

それに あなたに 心配されるいわれもない
soreni anata ni shinpai sa reru iware mo nai

だけど…
dakedo…

俺は 血の雨を降らせる"人斬り"だ
ore wa chi no ame o furaseru "hitokiri"da

あなたの持ち物に 再び 血の匂いをまとわせるのは忍びない
anata no mochimono ni futatabi chi no nioi o matowa seru no wa shinobinai

差し出がましい事を申しました
sashidegamashii koto o mooshimashita

私には所詮 理解できない生き方のようです
watashiniha shosen rikaidekinai ikikata no yoodesu

お邪魔しました
ojamashimashita

巴さん
tomoe-san

ありがとう
arigatoo

許せよ 夜分にすまんな
yuruseyo yabun ni suman'na

桂さん…
katsura-san…

いや 誰も起こさんでいい あんたに用があって来たんだ
iya dare mo okosande ii anta ni yoo ga atte kita nda

"狂"たる正義…
"kyoo "taru seigi…

我が師 吉田松陰先生の教えだ
waga shi yoshida shooin sensei no oshieda

そして 緋村にはその"狂"たる正義の急先鋒を務めてもらってる
soshite hi mura ni wa sono "kyoo"taru seigi no kyuusenpoo o tsutomete mora~tsu teru

子供に刃物を持たせてですか?
kodomo ni hamono o mota setedesu ka?

国元に 高杉という男がいる
kunimoto ni takasugi to iu otoko ga iru

いい奴だが 時に"狂"に走り それを喜ぶ癖がある が…
ii yatsudaga tokini "kyoo" ni hashiri sore o yorokobu kusegaaru ga…

その狂刀をすっぽりと納める いい鞘が付いている
sono kyoo-gatana o suppori to osameru ii saya ga tsuite iru

うのという女だ
uno to iu on'nada

鞘…?
saya… ?

鞘になってはくれまいか
saya ni natte wa kuremai ka

緋村という"抜き身"を納める"鞘"に
hi-mura to iu "nuki mi" o osameru "saya" ni

何故…ですか
naze…desu ka

俺は緋村を狂わせている気がしてならない
ore wa hi mura o kuruwa sete iru ki ga shite naranai

狂刀は時に悲劇を生むからな
-kyoo-gatana wa tokini higeki o umu karana

しっかりと納める鞘がいるのだ
shikkari to osameru saya ga iru noda

矛盾は百も承知しているが…
mujun wa hyaku mo shoochi shite iruga…

長州の吉田と肥後の宮部が京に入っている
chooshuu no yoshida to higo no miyabe ga kyoo ni haitte iru

古高が吐いた所では 相当の人数が 長州から来ていると思った方が良かろう
furutaka ga haita tokorode wa sootoo no ninzuu ga chooshuu kara kite iru to omotta kata ga yokarou

桝屋から出て来た武器は 事を構えるには少な過ぎる
masuya kara dete kita buki wa koto o kamaeru ni wa sukuna sugiru

他に根城になっている商家があるはずです
hoka ni nejiro ni natte iru shooka ga aru hazudesu

監察方を総動員しよう 
kansatsu hoo o soodooin shiyou

急がなければ あいつの話では 会合はおそらく今夜だ
isoganakere ba aitsu no hanashide wa kaigoo wa osoraku kon'yada

どうも きな臭い
doomo kinakusai

ああ 長州に何らかの動きがあるそれも大きな…
aa chooshuu ni nanrakano ugoki ga aru sore mo ookina…

首魁は桂小五郎ですか?
shukai wa katsura kogoroodesu ka?

多分な
tabun'na

とにかく 近藤さんと相談して来る
tonikaku kondoo-san to soodan shite kuru

しかし 歳さんがあそこまでやるとは思いませんでした
shikashi toshi-san ga asoko made yaru to wa omoimasendeshita

土方さんは この一件に 新撰組の浮沈をかける気なのだろう
hijikata-san wa kono ichi-ken ni shinsenkumi no fuchin o kakeru kina nodarou

会合の場に居ますかね あの人斬り
kaigoo no ba ni i masu ka ne ano hitokiri

どうかな 汚れた仕事をやる者は謀議の席からは外される事が多い
doo ka na kegareta shigoto o yaru mono wa boogi no seki kara wa hazusa reru koto ga ooi

だが あいつに会ったとして 天然理心流は どう対すす?
daga aitsu ni atta to shite ten'nenrishinryuu wa doo tai susu?

その名の通り 在るがまま
sono na no toori aruga mama

出たとこ勝負というやつですよ
detatokoshoobu to iu yatsudesu yo

無外流はどうです?
mu soto-ryuu wa doodesu?

すまん 愚問だったな
suman gumondatta na

だが… いずれにせよ今は祇園祭の最中だ
daga… izure ni seyo ima wa gionmatsuri no saichuuda

いつにも増して 洛中にひとが溢れている騒ぎを起こすに絶好
itsu ni mo mashite rakuchuu ni hito ga afurete iru sawagi o okosu ni zekkoo

これを防ぐは至難
kore o fusegu wa shinan

宮部さんからのお達しですか?
miyabe-san kara no otasshidesu ka?

そうだ もし懇意にしてる女がいたら 今夜までに京の外へ逃がせと
-sooda moshi kon'i ni shi teru on'na ga itara kon'ya made ni kyoo no soto e nigase to

前に言っていた 大事というやつですか
mae ni itte ita daiji to iu yatsudesu ka

他に何がある
hoka ni nani ga aru

桂さんは何と?
katsura-san wa nanto?

桂さんは ここしばらく 藩邸にも姿を見せていない
katsura-san wa koko shibaraku hantei ni mo sugata o misete inai

噂じゃ 宮部さん達と決裂したらしい
uwasa ja miyabe-san-tachi to ketsuretsu shitarashii

決裂…
ketsuretsu…

一体何が始まるのか もう少し調べてみるがな
ittai nani ga hajimaru no ka moosukoshi shirabete miruga na

お前 巴をどうするんだ?
o zen tomoe o do usu ru nda?

何も…別に 俺の女というわけじゃありませんし
nani mo… betsuni ore no on'na to iu wake jaarimasenshi

誰も そう思ってないぜ
dare mo soo omo~tsu tenai ze

一度は助けた女だろうが よく考えてみる事だ
ichido wa tasuketa on'nadarouga yoku kangaete miru kotoda

じゃあな
jaana

えっ 何で?
e~tsu nande?

いいから 京を出ろ お前 里はどこだった?
iikara kyoo o shutsuro o zen sato wa dokodatta?

山科やけど
yamashinayakedo

そうか では いったん親元へ帰れ
soo kade wa ittan oyamoto e kaere

じき終わりますから
jiki owarimasukara

いつもすまない
itsumo sumanai

女将さんの 言いつけですから
okami-san no iitsukedesukara

そうか…
soo ka…

何か?
nanika?

いや
iya

あの…
ano…

良かったら 今晩 お付き合い頂けませか
yokattara konban o tsukiai itadakemase ka

え?
e?

女将さんから お休みを頂いたんです
okami-san kara o yasumi o itadaita ndesu

たまには外で 気晴らししたいと思って…
tamani wa soto de kibarashi shitai to omo~tsu te…

でも 一人では所在ないし
demo hitoride wa shozai naishi

そうか
soo ka

ん?
n?

何か?
nanika?

久しぶりだ まともな味がする
hisashiburida matomona aji ga suru

きっと お祭りだからでしょう
kitto omatsuridakaradeshou

そういうものかな
sooiu mono ka na

藤堂平助 それから沖田 以上 十名が総長の隊だ
toodoo heisuke sorekara okita ijoo juumyoo ga soochoo no taida

残りは俺に従ってもらう
nokori wa ore ni shitagatte morau

近藤さん
kondoo san

うむ…
umu…

監察方の情報により 河原町界隈の旅亭を探索する
kansatsu-kata no joohoo ni yori kawaramachi kaiwai no ryotei o tansaku suru

これは碁 将棋と同じである
koreha go shoogi to onajidearu

逃がせば 次の一手でこちらが攻め込まれる
nigaseba tsugi no itte de kochira ga semekoma reru

従って もれなく全員を捕縛する さもなくば 斬れ!
shitagatte morenaku zen'in o hobaku suru-sa mo nakuba kire!

では諸君 出よう!
de wa shokun deyou!

私は あなたと逆… 近頃は あまり飲まなくなりました
watashi wa anata to gyaku… chikagoro wa amari nomanaku narimashita

不味いのか?
mazui no ka?

いえ 前と違って お酒に頼る気がしなくなった…
ie mae to chiga~tsu te o sake ni tayoru ki ga shinaku natta…

不思議ですけど
fushigidesukedo

頼る… そうか
tayoru… soo ka

その後 頬の血は止まりましたか?
sonogo hoho no chi wa tomarimashita ka?

忘れていた
wasureteita

じゃあ もうすっかり傷は良くなったんですね
jaa moo sukkari kizu wa yoku natta ndesu ne

血が滲まなくなっただけだ
chi ga nijimanaku natta dakeda

その傷を 目にする度に思います
sono kizu o menisuru-do ni omoimasu

斬られる人には どんなものが見えたのかしら
kira reru hito ni wa don'na mono ga mieta no kashira

あなた達は 人を幸せにする為に人を斬るって言うけれど…
anatatachi wa hito o shiawaseni suru tame ni hito o kiru tte iukeredo…

何だ 
nanda

人を殺して得られる幸せなんて 本当にあるとは思えない
hito o koroshite e rareru shiawase nante hontooni aru to wa omoenai

毎日 色んな事がもとで人が死ぬが―
mainichi iron'na koto ga moto de hito ga shinu ga ―

俺は無闇に人を斬っているわけではない
ore wa muyami ni hito o kitte iru wakede wanai

つまり…その人にどれだけ生きる価値があるか 計っているのでしょう
tsumari… sono hito ni dore dake ikiru kachi ga aru ka hakatte iru nodeshou

しかも それさえあなたは人に委ねてしまって 言われるままに…
shikamo sore sae anata wa hito ni yudanete shimatte iwa reru mama ni…

相手の事を詳しく知れば迷いが出る
aite no koto o kuwashiku shireba mayoi ga deru

世の中を変える為だ 俺には それだけの理屈でいい
yononaka o kaeru tameda oreniha soredake no rikutsude ii

すぐに ここを出る!
sugu ni koko o deru!

どうしました?
-dooshimashita?

桂さんが危ない!
katsura-san ga abunai!

今夜遅く 宮部さん達は 火を放つ気だ この京にな!
kon'ya osoku miyabe-san-tachi wa hi o hanatsu kida kono kyoo ni na!

何ですって!
nani de sutte!

その上で 天子様を萩に鎮座させる計画だ
sonouede tenshi-sama o hagi ni chinza sa seru keikakuda

桂さんは それを止めようとして 宮部さん達と激論を戦わせてきた
katsura-san wa sore o tomeyou to shite miyabe-san-tachi to gekiron o tatakawa sete kita

だが 宮部さんは桂さんと袂を別った
daga miyabe-san wa katsura-san to tamoto o betsu tta

まずい事に この話が 漏れているかも知れんのだ 新撰組に!
mazui koto ni kono hanashi ga morete iru kamo shiren noda shinsenkumi ni!

俺は応援を呼んで来る お前はすぐに会合場所へ行け
ore wa ooen o yonde kuru omae wa sugu ni kaigoo basho e ike

場所は?
basho wa?

河原町三条 池田屋だ!
kawaramachisanjoo ikeda-yada!

総司 上だ!
sooshi-jooda!

何者だ!
nanimonoda!

こいつじゃない
koitsu janai

何だ
nanda

明かりを消せ!
akari o kese!

新撰組でござる
shinsenkumidegozaru

えいっ!
e i~tsu!

たあっ!
ta a~tsu!

はっ
ha~tsu

はっ!
ha~tsu!

いたぞ! あいつに間違いない
ita zo! aitsu ni machigainai

もと来た道を逃げろ
moto kita michi o nigero

知っていますか? 刀には鞘が必要なのだよ
shitte imasu ka? katana ni wa saya ga hitsuyoona noda yo

何を言ってる
nani o i~tsu teru

あなたが いつまで 人を斬り続けるのか―
anata ga itsu made hito o kiri tsudzukeru no ka ―

私は見届けたい
watashi wa mitodoketai

この目で確かに!
kono-me de tashikani!

桂は居たか?
katsura wa ita ka?

分かりません 例の人斬りも居ないようです
wakarimasen rei no hitokiri mo inai yoodesu

鎖帷子か… 邪魔だ! 退け!
kusarikatabira ka… jamada! doke!

北辰一刀流 平間重助
hokushin'ittooryuu hirama juusuke

名など舞用!
-mei nado mai-yoo!

桂さん!
katsura-san!

何だ もうどうなっても 知らんと 宮部さんには…
nanda moo doo natte mo shiranto miyabe-san ni wa…

池田屋に新撰組が!
ikeda-ya ni shinsenkumi ga!

幾松 しばらく身を隠せ
ikumatsu shibaraku mi o kakuse

いいな
ii na

やはり 桂さんは居ません
yahari katsura-san wa imasen

宮部は奥の間で腹を切っていました
miyabe wa oku no ma de hara o kitte imashita

そうか…
soo ka…

ん?
n?

どうしました?
-dooshimashita?

梅の花の香りがした
ume no hana no kaori ga shita

夏ですよ
natsudesu yo

ああ 狂い咲きかも知れんな
aa kuruizaki kamo shiren na

桂さんは 来ていませんか
katsura-san wa kite imasen ka

いいえ 池田屋の話は聞いた ここも危ないやろ はよ裏から…
iie ikeda-ya no hanashi wa kiita koko mo abunaiyaro wa yo ura kara…

あっ 巴ちゃん 覚えてるか?
a~tsu tomomi-chan oboe teru ka?

えっ?
e~tsu?

菖蒲の花 雨の中で一番匂いたつ…
ayame no hana ame no naka de ichiban nioi tatsu…

たとえ それが 血の雨の中でもな
tatoe sore ga chi no ame no naka demona

緋村か
hi mura ka

桂さん ご無事で!
katsura-san go bujide!

いっそ死んでいればと思うよ
isso shinde ireba to omou yo

藩邸も所司代の兵に取り囲まれている
hantei mo shoshidai no hei ni torikakoma rete iru

これで 俺は全てを失った
kore de ore wa subete o ushinatta

だが今は お互いに 京から落ち延びる事だけを考えよう
daga ima wa otagai ni kyoo kara ochinobiru koto dake o kangaeyou

大津に家を用意させる 夫婦者として そこで暮らせ
ootsu ni ie o yooi sa seru fuufu-sha to shite soko de kurase

えっ?
e~tsu?

世を欺くには夫婦者がいい
yo o azamuku ni wa fuufu-sha ga ii

飯塚を連絡役にする
iidzuka o renraku-yaku ni suru

しばらく そこで待て逸るなよ
shibaraku soko de mate hayaru na yo

では…
de wa…

いいね 巴さん
ii ne tomomi-san

行くか 大津へ
iku ka ootsu e

夫婦者として…
fuufu-sha to shite…

ちっ! うのの飯が食いてぇなぁ
chi~tsu! uno no meshi ga kuite~e naa

小萩屋の巴ちゃんやろ
kohagi-ya no tomoe-chan'yaro

花屋さん
hanaya-san

どっかへお出かけ?
dokka e odekake?

おばさん 京は大変ですよ 商いは休んだ方が…
obasan kyoo wa taihendesu yo akinai wa yasunda kata ga…

急ごう
isogou

あの人…
ano hito…

夫です
ottodesu

 

 

 

***

 

 

 

← Anterior (OVA1 parte 2)| Lista de películas | Siguiente (OVA 3 「宵里山」) →

 

 

 

 

Creative Commons License
Esta obra está bajo una licencia de Creative Commons.
Copyright © 2007-2013 Helena Rivero
Si te apetece puedes avisarme cuando encuentres algún error en la página.